こっそり教えてあげるね!他人の婚活体験談ではわからない本当のところ

ねるとんパーティーって知っていますか?

今現在で、「ねるとん」と言ってピンとくるのは、
40歳前後まででしょうか( ̄▽ ̄)

 

正式名称は、『ねるとん紅鯨団』(ねるとんべにくじらだん)
1987年10月3日〜1994年12月24日に放映されてたテレビ番組。

 

その中の人気コーナーが、とんねるずが司会をする集団お見合いのコーナーが
人気企画となり、その後、「集団のお見合いパーティー」を「ねるとん」と呼ぶようになりました。

 

当時のとんねるずは、今より型破りな、もっととんがったイメージのあるグループでした。
まぁ、年をとると落ち着いて当然か・・・。

 


ユーチューブで、当時の画像があったので雰囲気をどうぞ!
この回、過去に芸能人スペシャルで登場した人がいっぱい出てきます!
みんな、若〜い!!

 

 

枠内の言葉、ウィキペディアから抜粋。

 

大どんでん返し
元々は歌舞伎用語である。
ねるとんでは、第一印象の良いもの同士で、ずっとツーショットだったのに最後に振られるなど、
思いもよらない展開だったときにタカさんが使っていた言葉。「まさに、だ?い どんでん返し!」。

 

彼氏いない歴○年・彼女いない歴○年
○が実年齢と一緒の場合、いじられる対象になる。
ときどき「彼氏いない歴3か月」など、いない歴の短い参加者もいた。

 

ツーショット
元々はカメラフレームの中に2人だけ写っている状態のこと。
ねるとん紅鯨団のフリータイムの際、男女2人だけになってテレビカメラに撮られたときに、「あの2人はツーショットですね」と言ったことから、男女2人で喋ること=ツーショットになった。

 

ちょっと待った(ちょっと待ったコール)
意中の相手に告白しようとしたときに、競合相手がいる場合は、「ちょっと待った」の声がかかる。
この番組以後、お見合いパーティー(ねるとんパーティー)や恋愛において意中の相手が競合した場合に、かける言葉の定番になった。

 

ナイナイの岡村隆史が、現在放映している、

 

「もてナイ!テレビ史上最もガチなお見合い大作戦」
など集団お見合いの番組のルーツは、この「ねるとん紅鯨団」でしょう。


 
結婚相談所主催パーティー 大規模パーティー 全員対話型パーティー 個室型パーティー